介護施設で働く看護師の仕事内容

介護施設で働く看護師の仕事内容

介護施設での看護師の仕事は、看護だけでなくやはり介護の仕事も行う事になります。介護施設は生活の場なので、介護と看護を切り離して考えられないのです。時々、私は介護の仕事はしない。と言い切る看護師もいますが、そうなると普段の利用者の様子はわからなくなるので介護も同じようにする必要があると思います。看護師がする介護とは、
食事の介助だったりおむつ交換やトイレ誘導などの排泄の介助などが主です。

 

食べ方や排せつの状態で健康面を把握して、おかしいなと気付けば早めに協力医師に連絡する事が必要になります。老健では医師は常時いますが、特養ならいませんので。普段の看護の仕事は、薬の管理、褥創等の傷の手当て、利用者さんのバイタル測定などですが、体調不良の方が出た時には、医師に連絡を取って指示に従って採血など行ったり、点滴をする事も。経鼻チューブの方のチューブ交換もします。

 

また緊急の場合は医師の指示を聞きながら処置をして救急車などを呼んで協力病院への搬送について行きますいろんな介護施設があって看護師の仕事もいろいろかもしれませんが、大体こんな感じではないでしょうか。介護施設は看護の仕事しなくていいから楽だと聞いたからと面接に来た看護師がいましたが、これを聞いて驚いていました。でも、やりがいのある仕事には間違いないと思います。